冬の朝焼け(大澤榮作詞 / 小林範子作曲・ピアノ・うた)

冬の朝焼け(大澤榮作詞 / 小林範子作曲・ピアノ・うた)

大澤榮さんの作詞に小林範子が曲を付けた『冬の朝焼け』です。

YouTube動画サイトは毎週金曜日19時に音楽作品・コンテンツを発信しています。

録音はあけぼのホールで行っています。

あなたのためのオリジナルソングも作成しますので是非こちらからお問い合わせください。https://akebono-hall.com

https://youtu.be/-Rws2RGKNEU

[ 歌詞 ]

吹雪が止んで 朝が生まれる

開けてみなければ 貌はわからない

平野を埋めた 白い妖精

彼方に 食らいつく

ここにいたいと しがみつく

葉の落ちた ポプラの一本がある

地平と雲の間には

ひとすじの 滲んだ帯が

手を広げ 横たわる

緋色のグラデーション

冬の朝焼け 目を奪われる

吹雪が止んで 朝が生まれる

金色のキタキツネ 雪の山から

貌を覗かせ 神の使者たち

獲物を待ちわびる

身を細めても しがみつく

その先の 海は氷の宝石

海岸線を 埋め尽くして

表情を 曇らせながら

風が渦 巻き上げて

氷のグラデーション

冬の造形美に 眉を顰める

ホームページリンク: Aria& Academia 小林範子サイト https://kobayashi-noriko.com

わたしにはわかるの(大澤榮作詞 / 小林範子作曲・ピアノ・うた)

わたしにはわかるの(大澤榮作詞 / 小林範子作曲・ピアノ・うた)

大澤榮さんの作詞に小林範子が曲を付けた『わたしにはわかるの』です。

YouTube動画サイトは毎週金曜日19時に音楽作品・コンテンツを発信しています。

録音はあけぼのホールで行っています。

あなたのためのオリジナルソングも作成しますので、是非こちらからお問い合わせください。

File Name: 4abc923ce034176be019be5dbf3c96c7.pdf

ホームページリンク: Aria& Academia 小林範子サイト https://kobayashi-noriko.com

未来(大澤榮作詞 / 小林範子作曲・ピアノ・うた)

未来(あした)(大澤榮作詞 / 小林範子作曲・ピアノ・うた)

大澤榮さんの作詞に小林範子が曲を付けた『未来(あした)』です。

YouTube動画サイトは毎週金曜日19時に音楽作品・コンテンツを発信しています。

録音はあけぼのホールで行っています。

あなたのためのオリジナルソングも作成しますので是非こちらからお問い合わせください。 https://akebono-hall.com

File Name: b89357c933b7068aa2d3e92560e3d3b9.pdf

ホームページリンク: Aria& Academia 小林範子サイト https://kobayashi-noriko.com

「生きる」(谷川俊太郎作詞/小林範子作曲)オンライン配信始めました

「生きる」谷川俊太郎作詞・小林範子作曲が、tunes core、Apple music など配信サイト(下記リンク)から配信されました。コロナ後の時代、いま「生きている!」ということを感じることが何よりも幸せにつながると思います。ぜひお聴きください。

https://linkco.re/BEAH9uvh

「生きる」ということは、今この瞬間のなにげない、ごくありふれた日常のささやかなできごとに目を向けて大切に味わうこと。音楽が詩に寄り添うようにシンプルな旋律の繰り返しの中語られていきます。コロナの中にある世界にむけて、この歌でみなさんにエールをおくります。

「生きる」ということは、今この瞬間のなにげない、ごくありふれた日常のささやかなできごとに目を向けて大切に味わうこと。音楽が詩に寄り添うようにシンプルな旋律の繰り返しの中語られていきます。分断と格差の時代を乗り越えるさわやかな希望の歌です。

 コロナ後の時代、いま「生きている!」ということを感じることが、何よりも幸せにつながると思いをふかめながら、世界的にも多くのファンを持つ谷川俊太郎先生の詩「生きる」に曲をつけることができました。「生きる」ということは、なにげない、ごくありふれた日常のささやかなことなのです。そういったささやかなこと、ほんのちょっとしたことを大切にすることだと言っているように思います。

かたつむりがはうようなささやかなことから、海が轟いたり、地球が回るようスケールの大きな世界までが、シンプルな旋律の繰り返しの中で語られてゆきます。

自らピアノで歌う作曲者は、2年ほど前に脛を複雑骨折をして以来、以前よりもこの詩の意味が少しよくわかるようになったことこから、この歌でコロナ禍にあるみなさんにエールを贈りたいと思っています。

「生きる」 谷川俊太郎作詞

生きているということ

いま生きているということ

それはのどがかわくということ

木もれ陽がまぶしいということ

ふっと或るメロディを思い出すということ

くしゃみをすること

あなたと手をつなぐこと

生きているということ

いま生きているということ

それはミニスカート

それはプラネタリウム

それはヨハン・シュトラウス 

それはピカソ

それはアルプス

すべての美しいものに出会うということ

そして

かくされた悪を注意深くこばむこと

生きているということ

いま生きているということ

泣けるということ

笑えるということ

怒れるということ

自由ということ

生きているということ

いま生きているということ

いま遠くで犬が吠えるということ

いま地球が廻っているということ

いまどこかで産声があがるということ

いまどこかで兵士が傷つくということ

いまぶらんこがゆれているということ

いまいまが過ぎてゆくこと

生きているということ

いま生きてるということ

鳥ははばたくということ

海はとどろくということ

かたつむりははうということ

人は愛するということ

あなたの手のぬくみ

いのちということ

ひとひらの花びら:合唱バージョン (寺島悦恩作詞 小林範子作曲)

卒業式シーズンです。この曲では、人生のさまざまな場面での別れとまた新たな出会いをうたにしてみました。

ひとひらの花びら (作詞:寺島悦恩/作曲ピアノ小林範子/合唱:あけぼのホール合唱団)

あなたの手のひら ひとひらの花びら

わたしの手のひら ひとひらの花びら

美しい花びら

雲一つない 青空に 満

開に咲ける 花々

わたしたちは ここで生きてきた

それでも 立ち去るときが来た

満開の春の花の下

いつの日かきっと きっと会うだろう

そうだ今朝は はじまりの朝だ

あなたの手のひら ひとひらの花びら

わたしの手のひら ひとひらの花びら

美しい花びら

菜の花 広がり 桜は弾ける

まっすぐに道は 広がっている

わたしたちはここで生きてゆく

さあ 歩き出すときが来た 満

開の春の花の下

いつの日かきっと きっと会うだろう

そうだ今朝は はじまりの朝だ

楽譜はお問い合わせくださるか、または https://kobayashi-noriko.stores.jp および https://kobayashi-noriko.jp からご購入ください。 録音はあけぼのホール http://www.akebono-hall.com/ からお届けしています。 合唱はあけぼのホール合唱団です。

ひとひらの花びら:合唱バージョン (寺島悦恩作詞 小林範子作曲)

File Name: 77d2ff1c4cfc6923bb755bad1fab5f3c.pdf

女声合唱とピアノのための ひとひらの花びら

女声合唱とピアノのための ひとひらの花びら(作詞:寺島悦恩 作曲:小林範子)ができました。

タイトルでもある『ひとひらの花びら』という曲のテーマは「卒業」と「旅立ち」です。親しい 友人達との別れはつらいけれど、新しい生活の始まりへの期待といつか笑顔で再会しようという 決意を込めて、卒業へのエールを送り、皆とつながる歌として合唱していただけたらと思います。 また人生の様々な別れの場面にも、心からのエールを込めて歌っていただけたらと思います。

目次/Contents

1 誕生のアリア

2 アウローラ 3

虹の玻璃 ちきゅう

4 夏の夕べの星に

5 ひとひらの花びら

6 オリーブの丘を]

7 我が友カンパネッラよ

8 JOY-豊穣のうた

価格2000円(税込) 

天使の羽が舞い降りる ‐ チェロのアリア

空から静かに降ってくる天使の羽。一枚そしてまた一枚。疲れている私達の心にひそやかにふんわり届きます。
こころの傷を思い出して、ちょっぴり感傷的にもなったりしますが、ふんわりふんわり癒されていつの間にかこころの痛みは消えてしまいます。そんな天使の羽の音楽です。

前作ヴォイスを中心とした『誕生のアリア』のチェロバージョンです。新たに『トルコ紀行』(1977)、『天使の羽が舞い降りる』(2000)『朝のアウローラより』(1999)など数曲を加え、原曲の魅力をチェロで表現してみました。

TRACKLIST

トラック番号タイトル長さ
1始まりの朝に03:27
2誕生のアリア03:14
3トルコ紀行02:31
4天使の羽が舞い降りる03:10
5女神の物語のアリア02:00
6虹の玻璃03:54
7朝のアウローラより02:08
8誕生のアリア205:58
9我心中泉02:30
10エンディング03:46
11ジョイ06:08

演奏

チェロ: 毛利 巨塵
作曲・ピアノ・ボイス: 小林 範子
表紙絵: アグネータ・フロック


STORES.jpで購入する

あなたに聴かせたい万葉集

万葉の音の世界を現代風にアレンジしました。ポップな万葉集をお楽しみください。 万葉集歌曲集及び女性3部・混声4部合唱楽譜もあり。

2009年に新たに録音編集したものです。

作曲・歌・ピアノ
小林範子

1000年以上の時間を経ても、人間の愛や悲しみ、恋人や両親や子供を思う気持ちや仕事上の様々な思い、自然に対する畏敬、日本の郷土を愛するそういった思いは時を越えて変わらないものなのですねそのことに気づいた私は、まったく私流の現代的な勝手な解釈ですが、万葉集の魅力のごく一部を同時代の方に感じていただけたらと万葉集から色彩をテーマに曲を選びだし、作曲しました。自分らしく曲を書きたいと思って、楽しく曲作りができた最初の曲集なのです。訳10年ぶりこの夏に修正しました。合唱曲としても、これまで10年間、私の手を離れて、大変、細々とではありますが、東京や北海道や千葉や埼玉の地元の合唱団の方に歌っていただき、私も演奏を聴きに旅をしました。

TRACKLIST

STORES.jpで購入する

虹の玻璃(にじのちきゅう)

私は地球が大好きです。地球上の自然の織りなす景観やさまざまな人々や素晴らしい文化の数々。できるだけいろんな国に行って多くの人と話をし、何でも楽しみたい。

いくつになっても全く変わらない思いです。でも、そんな地球が、地雷や化学兵器などによって破壊されてしまう。さらに昨今は、二酸化炭素の排出量の増加により温暖化に歯止めがかからなくなり、地球はどんどん暑くなっています。

こんな中、もう一度美しい地球を取り戻したい、そんな想いからこの曲ができました。

葉祥明さんの美しい挿絵とともに、地球がもう一度美しく輝く未来を想像して誕生した曲でもあります。

TRACKLIST

トラック番号タイトル長さ
1虹の玻璃(日本語版)03:35
2虹の玻璃(チェロ版)03:54
3虹の玻璃(英語版)03:40
4虹の玻璃(子供の歌版)04:04

演奏

チェロ 毛利巨塵
作曲・編曲 ピアノと歌 こばやしのりこ
子供のうた あけぼのホールの子供たち
表紙絵 葉祥明

価格 1,000円(税込)

STORES.jpで購入する

誕生のアリア

何かをはじめようとした時、何かが始まる時には強い意思と方向を定めたエネルギーに満ちているように思いますが、感情的には大きな喜びと深い悲しみ、不安と希望が交錯したような、または次々とあらわれような落ち着かない心境になったりします。

何か新しい時代がはじまる、そんな予感の中で私自身も脱皮しようしながらも未来に対する不安をかかえていました。

でもそんな時、大丈夫だよ、とささやいてくれる心の声に耳をかたむけると次第に心が落ち着いてきます。

そう。本当に大丈夫なのです。そんな想いを音楽にしました。

空気のように生活空間の中にさりげなくとけ込み、さわやかな風のように。そして自らを励まし、安らかな気持ちであり続けるよう作ってきた音楽が、今、皆様の心に届けば幸いです。

これからも暖かい音楽をつくっていきたいと思っています。

作曲・ソプラノ・ピアノ・シンセ・打楽器・録音をすべて一人で行なった最初の作品集

TRACKLIST

トラック番号タイトル長さ
1誕生のアリア103:08
2地雷ではなく花をください03:16
3ジョイ02:55
4女神の物語‐アリア01:56
5エンデイング04:50
6始まりの朝に03:53
7我身中泉03:29
8海Sea03:35
9誕生のアリア205:31

価格 2,000円(税込)

STORES.jpで購入する